外構業者選び

内容の無いプランニング?
花 写真

他社で外構計画を進めている建築主から相談を受けること
が時々あります。
主な理由として一番多いのが予算です。
「予算があっての住まいの計画、
無視できない大切なことです」

次にデザインや提案力、
「一社だけでなく他社のデザインも見てみたい」
それから品質と保証、
「施工技術と強度、引渡し後の保証体制」です。
以前ある建築主から、外構・エクステリアについての相談を受けました。
その方は他社さんで外構計画を進めていたのですが見積内容に疑問を持ち相談にみえました。
「どうも内容のわりに金額が高いような気がするのですが本当にこれだけの費用がかかるのでしょうか?」
さっそくプランの中身を見せていただいたところ、一見、綺麗に描かれていましたがプランニング図面は
生活動線を無視していて意味のなく無駄な費用ばかりをかけた内容のモノでした。
建築主は「見栄えがして機能的なプランがほしい」という要望でしたので 早速、視覚的要素と機能的な
動線を目的に作成、その後出来上がったプランの内容は向上し価格も大幅に下がり、もはや建築主
への詳細な説明も不要でした。
建築主とのヒアリングをしっかり行うことで明確な答えは出てきます。
ですが、まだまだ内容のないプランニングが残念なことに平気でまかり通っていることが多いです。

数社からの見積もり

一社だけでなく他社からも見積もりをとってみることはお客様にとって利益になることもあります。
エンドユーザー(お客様)を対象としている外構エクステリア会社の常識から言えば、合見積はよくある
ことで各社はお客様に選ばれるようにしのぎを削ってプランニングしています。
そうすることで競争のない下請け依存型ではとは違い、競って豊富なデザイン力と施工技術・納得の
価格を実現させお客様に提供できることになります。お客様がどこで見積を依頼しようと問題ありません。
お客様にとって外構・エクステリアは車を買うのとは違い失敗ができない大きな買い物です。
どこが自分たちのことを理解してくれて安心して任せられるのか慎重に検討するのは当然のことです。

また、同業の中には、何の努力もせず、お客様から価格を聞き出し、図面も書かず見積もしないで
他社金額の下を潜ろうとする本当に許せない業者も存在します。
こうした行為を繰り返している業者は本当にお客様のことを考えているのか疑問です

業者の見極め
庭 写真

「いい外構・エクステリア会社と出会う」実現のためには、
お客様自身の責任で業者選びをしなければなりません。

この業界には、実体のないブローカー外構会社が存在します。
その場合は会社訪問をお勧めします。来られては困るブローカーは何かと理由をつけるはずです。
他社批判をする会社に、いい会社はない。
(自分の仕事に自信がないのでしょうね)
施工実績のある会社は、お客様現場の近くに必ず紹介できる現場を持っています。
下請比率50%を超える会社は、元請メーカーの業務が絶対のため、どうしても優先となってしまい、
真剣にエンドユーザー(お客様)のことを考えられるのか疑問です。
造園・土木工事の施工管理には国家資格があり、公共工事においては工事の規模に応じて必ず
専任の管理者として、有資格者を配置する義務があります。
民間工事においては必要ありませんが、経験と知識がある造園施工管理技士または土木施工管理
技士の有資格者の在籍している会社であれば安心です。
一般建設業については建設業法第3条第1項の規定により500万円以上の工事は、建設業許可が
必要となる場合がありますのでお気をつけください。
高価格になってしまった外構工事店

ハウスメーカーは外構やエクステリアの設計と工事を自社で行わず、
下請けに丸投げして経費(マージン)だけを上乗せして一般価格より高額で提供しているのは皆さんは、
もう既にご存知かと思います。

その無駄な経費(マージン)を省き、適正価格でワンランク上の工事を行うユーザーが増えています。
普段なじみの無い外構エクステリア専門店をインターネットで探したり、専門誌を見たり、
広告やダイレクトメールで専門店を知り、問い合わせをし、このように自分で探して無駄な経費(マージン)を省いた実質費用のみで賢く工事を行っています。

ただ外構エクステリア専門店はみな同じではありません!
同じような仕様でも外構専門店によって価格に大きなひらきがあります。

それはなぜなのか?

沢山の宣伝広告費や賃借料などに経費をかけている外構エクステリア専門店は、
その費用を捻出しなければなりません。
したがってその分を施工単価に上乗せしなければならず、高額になってしまいます。
外構専門店によっては見積りの価格に1割~2割の差が生じています。

例えば、

A社の場合
・専門誌の広告に高額な掲載料
・住宅展示場への店舗出展の賃借料と常駐する人件費
・貸店舗で毎月家賃を支払っている

これらの経費を毎月支払う経費を稼がなければならない。

B社の場合
・掲載料が高額な専門誌には掲載していない、DMやHPのみ
・社屋と店舗が併設しているので展示場は利用しない
・自社社屋と店舗で家賃の必要ナシ

かかる経費は紙代と切手代くらい。
というような自社の宣伝をし過ぎたばかりに今さら広告費を削ることもできず、
価格も下げるに下げられない会社が存在します。

また経費をタップリかけて見積りが高くなった分、価格を調整するのに品質を
下げてる業者は論外です。
経費は最小限に抑え、その分を見積価格に還元するというのが良心的なお店ではないでしょうか?
あと保証や工事のことがありますが、外構の保証内容はどこでも条件は同じです、
まともな施工店であれば引渡し後のアフターもしっかりしているはずです。
最近よく聞かれるのが、「自社の職人が工事をするのか、外注に工事を出しているのか?」と
問い合わせがありますが、そんなブローカーまがいの経営をしている会社は存在しません。

外構と庭づくりは大きな買い物です、経費(マージン)と必要以上の宣伝広告費など結局は、
お客様が支払っているんです。
このことが、お客様にとって無駄な出費と感じたなら、見直してみては
どうでしょうか?
きっと中身の濃い計画で投資効果が期待できると思います。

私たちの提案図面は、お客様への心を込めてのメッセージです
New moral standard

【New moral standard】
ニューモラルスタンダードとは、エクステリア&ガーデンデザイナーの知的財産を守る全国に
広がるキャンペーンです。
他社の図面を利用し安価で工事をする、そうしたモラルのない行為を阻止する運動です。
グローヴガーデンデザインでは、このキャンペーンに賛同し、他社の図面を利用した受注行為は
いたしておりません。
また、弊社の図面を利用した他社による施工もご遠慮頂いております。
グローヴガーデンデザインはオリジナリティーを追求しプランニングの無料提案からさせて頂くことにより、
より良いエクステリアやガーデニングをお客様に提供できるよう心掛けておりますので、
ご理解くださいますようお願いします。

このページのトップへ戻る

  • 外構屋からの見解
  • 計画の始まり
  • 賢い計画
  • 外構業者選び
  • 外構と樹木の保証
  • お問い合わせ
  • 個人情報保護方針
施工エリア

千葉県:千葉市、船橋市、習志野市、八千代市、市川市、柏市、流山市、鎌ヶ谷市、松戸市、浦安市、印西市、白井市、 佐倉市、富里市、四街道市、成田市、東金市、八街市、 市原市、木更津市、袖ヶ浦市、印旛郡、大網白里町

東京都:世田谷区、板橋区、足立区、荒川区、江戸川区、 墨田区、江東区、中央区、台東区、文京区、北区、新宿区、豊島区、中野区、渋谷区、杉並区 品川区、大田区

茨城県:取手市、守谷市、龍ヶ崎市、牛久市

埼玉県:三郷市、八潮市


Copyright © 2005-2014 株式会社 グローヴガーデンデザイン All rights reserved.